離婚について

 どのような場合に離婚ができるのか?
合意ができる場合

離婚は、お互いの合意があればいつでも可能です。ただ、離婚すること自体はお互いに合意ができても、親権や財産分与、養育費などの条件で対立がある場合には、離婚成立までには時間がかかることもあります。

離婚に応じてもらえない場合

離婚を求めても、拒否されたり話し合いに全く対応してくれないような場合には、最終的には裁判で離婚を認めてもらうしかありません。この場合に問題となるのは法律上の離婚原因の有無です。

 法律上の離婚原因については,こちらで詳しくご説明しております。

弁護士にご依頼いただくと
離婚協議を代わりに行います

離婚の話し合いは、ご本人同士ではなかなかスムーズにいかない場合が少なくありません。感情的になってしまい,無用な争いが起きたり,大きな精神的ストレスを感じたりということもあります。
また,DVやモラルハラスメントの被害にあわれていたような方の場合には,直接話すことで,危険が生じることもあります。
弁護士にご依頼にいただいた場合には,弁護士があなたに代わって協議を行いますので,精神的負担や危険性を大きく軽減することができます。
直接の話し合いを不安に感じられている方は,一度ご相談いただければと思います。

出来るだけ有利な条件を引き出す

離婚問題には様々な解決のしかたがあります。それぞれの事情によって、できる限りご依頼者の利益にかなう解決方法を目指します。専門家の確認を経なかったことで、不利な条件で離婚をしてしまうという事例は多くあります。弁護士にご依頼いただくことでそのような失敗を避けることができます。

タイトルとURLをコピーしました