財産分与について

財産分与について

財産分与とは

財産分与とは、婚姻期間中、夫婦が協力して築いた財産を、離婚の際に分配することをいいます。分配の割合は、多くの場合、2分の1とされますが、事情によっては、これとは異なる割合での分与が認められることもあります。

また、時には、財産分与に扶養的な要素や慰謝料的な要素が加味される場合もあります。

財産分与の対象財産例

夫婦が婚姻期間中に共同で築いた「共有財産」が財産分与の対象となります。一方、夫婦のそれぞれが個人的に保有する「特有財産」は、対象外です。

不動産や預金、株式、保険、車などをはじめとして、様々な財産が対象となり得ます。

結婚前からの財産や相続した財産などは、対象とはなりません。

弁護士にご相談ください

財産分与は,複雑な検討が必要になる場合も少なくありませんし,当事者同士での話し合いでは合意がなかなか難しいというケースは多くあります。弁護士にご依頼いただければ、協議を代行させていただきます。また、ご自身で話し合いを進められる場合にも、しらないうちに不利な条件で合意してしまうなどということを防ぐためにも、専門的なアドバイスを受けておくことは有益です。

タイトルとURLをコピーしました