親権について

親権について
親権とは

親権とは,未成年の子どもの世話と教育を行ったり,子どもの財産を管理するために認められる権利・義務のことをいいます。

婚姻中の父母は,共同で親権者となりますが,離婚した場合には,父母のいずれかの単独親権となります。離婚の際には,必ず,どちらが親権者となるのかを決めなければなりません。

親権者の判断基準

親権者をどちらにするかについての話し合いがまとまらない場合には,調停を経て,最終的には裁判で決めることになります。

親権者としてふさわしいかどうかを判断する際は,次のような事項が考慮されます。

・これまでの養育状況(どちらが主に監護養育を担当していたのか)
・今後の養育方針・養育環境
・一方が親権者となるのが適当な理由
・他方が親権者となるのが不適当な理由
・子どもの意向
・兄弟の状況 等

弁護士にご相談ください

夫または妻が子どもを連れて出て行ってしまった場合や,親権について対立してしまい,離婚の話し合いが進まないような場合には,弁護士にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました