慰謝料請求について

離婚慰謝料について
離婚慰謝料とは

離婚に伴う慰謝料請求とは,夫婦の一方による有責な行為によって離婚を余儀なくされた場合に,それから生じる精神的苦痛に対する損害賠償請求のことをいいます。
有責な行為とは,例えば,不貞(不倫・浮気)行為や,暴力(DV)などです。

不貞やDVは,それ自体でも不法行為に当たる行為ですが,それらの配偶者の行為によって婚姻関係が破綻し離婚せざるを得なくなったこと場合に離婚慰謝料として請求する場合は,通常,不貞行為に基づく慰謝料などは,離婚慰謝料の中に含まれます。

 不貞相手に対する慰謝料請求

配偶者(夫・妻)が異性と不倫をした場合,配偶者と離婚をするにしてもしないにしても,不倫相手に対しても慰謝料を請求できる場合があります。不倫相手が結婚の事実を知らなかった場合や,不貞行為の時点ですでに婚姻関係が破綻していたと判断されるなど、認められないケースもあります。

タイトルとURLをコピーしました