別居について

離婚前の別居について
別居の意味

離婚の前に別居をすることはよくあります。例えば,離婚を決意する前に一度距離を置いて夫婦関係を見つめなおすためにされる別居もありますし,経済的な側面を含めた離婚準備のするためにされる別居や,配偶者の暴力モラハラ等から逃れるための別居もあります。また,同居しながらよりも冷静に離婚に向けた話し合いを進めることができるケースも多くあります。

別居には,長期間続くと,夫婦関係の破綻の表れとみられることが多く,裁判で離婚が認められやすくなるという意味があります。また,別居には,財産分与の対象となる財産を判断する基準時となるという意味もあります。

婚姻費用について

夫婦は,協力し扶助する義務を負い(民法752条),婚姻から生ずる費用を分担する義務(簡単にご説明すると生活費)を負います(民法760条)。別居した場合でも,この義務はありますので,収入の多い側が少ない側に生活費を支払う義務があるのです。婚姻費用の分担義務は,「生活保持義務」といって,自分の生活と同程度の生活をさせる義務であると考えられており,収入によって,支払わなければならないとされる金額は異なります。なお,婚姻費用には,子どもの養育費も含まれます。
婚姻費用の額は,話し合いで決めることができますが,話し合いがまとまらない場合には,調停や審判によることになります。裁判所においては,収入に応じて婚姻費用の金額が「算定表」という表を目安として金額が決められます。

弁護士にご依頼ください

別居には,法的に複数の意味があったり,準備が必要であったり,注意すべきことがある場合もあります。別居後,スムーズに生活費を支払ってもらえない場合には,当事者同士での解決が難しいこともあります。
また,DVの被害などがある場合には,「保護命令」の申立てが必要となることもあります。
このように,間に弁護士が入った方がよいケース,弁護士による手続きの代理があった方がよいケースは少なくありませんので,離婚や別居をお考えの場合は,まず弁護士にご相談いただくことをおすすめしております。

タイトルとURLをコピーしました